不動産で安定的な利益を|ワンルームマンション投資で運命を変えよう
集合住宅模型

不動産で安定的な利益を

男の人

5〜7.5%の想定利回り

日銀がマイナス金利を導入してからただでさえ低い銀行や郵便局の定期金利がさらに下がってしまいました。そのため、銀行や郵便局に預けるメリットが薄まったのです。そこで注目されているのが不動産投資であり、そのなかでもみんなで大家さんによる投資が人気です。みんなの大家さんでの想定利回りは5〜7.5%と銀行や郵便局とは比べ物にならないほどの利回りを誇っています。そこまで利回りが高いとリスクの方を心配する人もいますが、優先劣後システムを取り入れているため、そのリスクは大幅に軽減されています。ただし、注意するべきは、どんな投資でもリスクはゼロではないということです。預金も投資の一つと言えますが銀行が潰れるリスクはゼロではありません。当然、みんなで大家さんのまたリスクがゼロではないのです。

高い利回りの理由とは

では、なぜみんなで大家さんでは5〜7.5%という高い想定利回りが可能なのでしょうか。みんなで大家さんは、自らが対象不動産を選定していき、そこから賃貸利益を得ます。その利益から投資者へ利益を分配するわけです。そのため、基本的に賃貸利益だけで運営しています。その賃貸にかかる利率で言うと実は5〜7.5%という数字は決して高くはない数字なのです。不動産投資信託では証券市場での売買も行っているため、さらに大きな利回りを出すこともありますが市場の動向によっては損失も出すリスクも高く安定していません。一方、みんなで大家さんでは、賃貸利益だけに絞っているため、安定的な利回りを出すことができるわけです。そのため、幅広い世代から信用されています。